Heroku Dyno SizeとUnicorn worker数の目安

Rubyアプリでのunicorn worker数の目安は次の通り。

Dynoサイズ -> Unicorn worker数
1X -> 2-3
2X -> 4-6
PX -> 20-30

New Relic等で1 worker当たりの仕様メモリ量を割り出しておき、環境変数WEB_CONCURRENCYを変更すればR14エラーが頻発しないようになります。