Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

RailsAdminで簡単管理画面作成

sferik/rails_admin · GitHubを利用します。

Gemfileに追記

gem 'rails_admin'

bundle installして

$ rails g rails_admin:install

config/initializers/rails_admin.rbを変更します

RailsAdmin.config do |config|

  # Deviseを利用する時の設定
  config.authenticate_with do
    # Deviseの認証モデルに設定しているモデルを指定(この場合Adminモデル)
    warden.authenticate! scope: :admin
  end
  # scopeに対応してcurrent_adminと指定する
  config.current_user_method(&:current_admin)
  # RailsAdminで管理画面を生成しないモデルを指定
  config.excluded_models << 'Admin'

  config.actions do
    dashboard                     # mandatory
    index                         # mandatory
    new
    export
    bulk_delete
    show
    edit
    delete
    show_in_app
  end
end

設定の注意事項として、scopeに合わせてcurrent_userの部分を変更すること。
今回はcurrent_adminの場合を示しました。